誕生日

本日12月23日はキリスト誕生日前夜祭の前日ではなく、天皇陛下のお誕生日である。

この日は皇居がいつも入れない場所まで解放されるのでかねてから参賀してみたいと思っていた。
去年も行ってみたが寝坊して門のところで入れなかったので一年越しである。
とてもめだたい日だというのに大学では授業を行なうらしく、2限があったので早めにいかなければならなかった。寝坊はしていない。 むしろ1時間早く起きてしまった。

首尾よく大手町に到着すると皇居へ向かった。なかなかの列ができていた。途中で国旗を配っている集団がいたのでいただいた。
もっと、いかにもな怖い人ばかりだと思っていたがみんな普通のひとっぽかった。高齢者と外国人が多かったように感じた。
内堀通りをわたったあたりで手荷物検査とボディチェックを受けた。かなりの数の警察官がいたが、とても物腰柔らかに対応してくれた。

二重橋から中に入るのだが、さすがにその手前は大量の警察官が目を光らせているようで写真を撮るのもおじげづいてしまうようであった。 もちろんやましいことは何もない。
江戸城は豪華というよりもむしろ質素な感じがした。かつては幕府があったのだろうから、贅沢なものを思い浮かべていたが意外だった。
二重橋の奥に見える橋(名前はわからない)を渡ると、よくTVで見かける建物がみえた。ここに陛下がお出ましをするということになっている。

実は10:20からのお出ましを狙っていたのだが思ったより手荷物検査が長く、お出ましポイントに到着したのが10:30だった。
陛下のお言葉は5分ほどだと聞いていたので、もう終わっている。参賀者の入れ替わりの時だったので、前方のいい感じの位置をキープすることができた。
次回は11:00である。なお、授業は10:45からである。


80歳を迎えるにあたってということや、大島の被害のことなどをおっしゃった。いいことや悪いことがあったかもしれないが来年もよき年になるように、と 我々国民のことを本当によく考えてくださる方だなぁと感動した。
お姿から当然オーラは感じたのだが、大変よいお声をされていると聞きながら思った。
それにも増して、天皇陛下のお言葉の間ずっと皇后陛下が天皇陛下の方を見守っていらっしゃって、なんとすばらしいたたずまいなのだと感動した。

正直旗を振るのに忙しくて写真どころではなかったが、一枚だけ撮ったので載せておく。


このような一般参賀に限らなくても、皇居はとてもよい場所だ。江戸中のパワーが集まる場所になっているとも聞くし、日曜はサイクリングコースにもなっているので自転車で行ってもいい。
ぼくは夏にふらっと行って芝生に寝転がったりしていた。開放感があっておすすめである。
冬は寒いのでよくわからない。
東京近郊に住んでいるひとは是非行ってみるとよい。
次回陛下にお会いできるのは正月だと思うので興味があれば調べてみてもいい。正月ぼくは地元にいるので無理だが。

授業である。
11:05ほどにお出ましがおわり、大学へ直行したのが12:10。
2限は、間に合った。


もどる